Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

三平方の定理

∠C を直角とする直角三角形 ABC で、2辺の長さを a, b、斜辺の長さを c とするとき、a2+b2=c2 (定理)が成り立つ。これを三平方の定理、またはピタゴラスの定理という。

高校受験の数学の問題を子供から質問されて出てきた言葉。
すっかり忘れているけど、ちょっとググれば図入りで見つけられる。
本当に良い時代だ。