Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

Windowsに4GBのメモリを搭載しても3GBまでしか認識できない

「男女の壁」「夫婦の壁」「世代の壁」「記録の壁」「心の壁」「言葉の壁」「音の壁」「バカの壁」など様々なところで壁は比喩的な使い方がされる。

Windwos(32bit版)搭載のパソコンに搭載できるメモリにも壁がある事が最近ネット上でも話題だ。実はWindows(32bit版)では3GBまでしか認識できないのだ。メモリの価格が大幅に下落したので、2GB×2枚=4GBを搭載する人も少なくはないと思うが、3GBしか認識できないのだ。3GBもあれば十分だろうという考え方もあるが、1GBも使えないというのはとてももったいない話でもある。

Windwos(64bit版)にするか、Linuxで使えば問題はないのだが、PCの大半はWindwos(32bit版)なのでやはり問題だ。

それを解決にするソフトが「Gavotte Ramdisk」というソフトだ。これを使えば3GB以上のメモリをRAMディスクとして使える。テンポラリーやブラウザのキャッシュなどに使うと高速化が図れる。

Gavotte Ramdisk
 http://www10.atwiki.jp/gavotterd/

ただし、このソフトは英語版なのでちょっと敷居が高い。
そんな人にはI-OデータのRamディスクソフト(RamPhantom3)がお勧め。LEは無償でダウンロードできるが、OSが認識できないメモリ領域が最大1GBまでしか使えないので、4GB以上搭載している人は製品版(有料)を購入する必要がある。

RamPhantom3 LEの説明
 http://www.iodata.jp/promo/memory/software/ramphantom/index.htm

また、RamPhantom3を使うことでEeePCなどネットブックを高速化をすることが可能だ。
そのビデオがYoutubeにアップされている。