Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

同人誌は既にアダルトビデオ市場を超えた!?

「オタク市場」に関する調査結果が矢野経済研究所から発表された。

同人誌市場が前年度比13.5%増の553億円と、AV(アダルトビデオ・DVD 615億円 -7.0%に迫る勢いだとレポートされている。

同人誌「元ネタ」となっているアニメ市場は成熟しつつあり、コミック市場は縮小傾向だが、同人誌市場については、「コミックマーケット」を始めとする同人誌即売会の認知度の高まり、「オタク層」に留まらないライトユーザーの参入等により、拡大傾向が続いている。

ただ、市場拡大のピッチは鈍化し飽和に向かうとコメントしているが、同人誌、フィギュア、ドール、コスプレ、メイド・コスプレ関連サービスの合計が1400億円に達する点は驚きだ。もはやオタク市場は市民権を得たと言っても過言ではなさそうだ。

電子コミック市場:250億円、前年度比147.5%増加
同人誌:553億円、前年度比13.5%増
プラモデル:268億円、1.9%増加
フィギュア:260億円、8.3%増加
ドール:135億円、3.8%増加
鉄道模型:152億円、5.6%増加
トイガン:53億円、8.6%減少
アイドル:505億円、4.7%減少
コスプレ:360億円、6.8%増加
メイド・コスプレ関連サービス:105億円、18.6%減少
アダルトゲーム:341億円、2.8%減少
AV(アダルトビデオ・DVD):615億円、7.0%減少

■「オタク市場」に関する調査結果
 http://www.yano.co.jp/press/press.php/000410