Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

Ubuntu Linux 9.04 日本語Remixを入れてみた

運気を取り込むために2週間前に玄関から始めた家中大掃除。最後は2階の私の部屋。古い書類やケーブル、電子機器、パーツなどを処分。そして1年以上電源を入れていなかったパソコンが2台あったので、久しぶりに電源を入れてみることに。

1台はXPが入っていたのだが、CPU(celeron1.7GHz)が遅いのが理由で使っていなかった。電源を投入しソースネクストウイルスセキュリティZEROなど不要なアプリを削除してみると意外と軽くて使えそう。そこで、キングソフトのインターネットセキュリティUをインストール、XPのSP3などセキュリティパッチを当て息子にあげることに。

もう一台はDellPentium4(1.7GHz)。こっちはOSがクリアされているので、ubuntu Linuxを入れてみることに。でも、大苦戦。あらすじは次のとおり。

  1. 別のPCでUbuntu Linux 9.04 日本語RemixのISOファイルをダウンロード
  2. ライティングソフトでCDを作成
  3. DellのPCをCDブートさせインストールしたが途中で止まってしまう。何度やっても同じ。
  4. ネットで調べると、普通のubuntu Linuxをインストールしてから、後で日本語Remix版のファイルをインストールすれば良いと書いてあるので、その手順で実行することに。
  5. CD-ROMの焼きミスかも知れないと思ったので、普通のubuntu Linuxを作成時に、念のため書き込み速度を遅くし、ベリファイ、コンペアを行った。
  6. Dellへのインストールは一発で成功。
  7. 日本語Remixのファイルをインストール。これも上手くいった。
  8. で、使ってみようとしたらDHCPIPアドレスが取得できていない。ハードウェアが認識しているのにIPが引けない。
  9. ハードウェアげ原因ではないかと、いろいろ調査したが上手くいかない。ネットにIPを手動設定にすれば良いと書いてあったので、その通りにしたらネットに繋がった。
  10. セキュリティパッチなどをインストールし、次にUSBメモリubuntu Linuxをインストールすることに。
  11. Ubuntu Linux 9.04 日本語RemixのISOファイルが必要なので、CDを1枚焼いた。設定は通常通り最高速のまま。
  12. DellにCD-ROMを入れてUSBメモリを作成プログラムを実行。=> エラー
  13. CD-ROM自体のエラーの可能性があるので、CD-ROMを作成せずに、ISOファイルのままDellにコピーをし、USBメモリの作成を実行
  14. 成功!

CD-ROM絡み何度もつまずいたけど、低速でCDを焼けばすんなり行けたのかも。しかも、最初から日本語Remixがインストールできたかも。<最初からそうしておけば良かった。
使った感じではバージョン8より更に使いやすくなったみたいで、なかなかGood!10月22日にWindows7の発売が開始されるけどubuntu Linuxで正直十分。