Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

google から日本語入力がリリースされた

MSの-Office2007をインストールしたら、MS-IMEも一緒にバージョンアップされたとたん、今まで使っていた辞書が使えず、困った人は少なくないはず。一方、学校の先生などのパソコンを触るとATOKが入ってたりして、変換は良いけどキー操作が異なったりして梃子摺ったこともある。GoogleYahoo!の検索窓や携帯のように文字を少し入力すると、候補が出てくると便利なんだけどなぁ、何て思ってたらGoogleから日本語入力がリリースされた。
早速インストールしてみた。今も使っているんだが、入力すると候補が出てきてとても使い易い。しかも、最近の単語が登録されているようで、「はとやま」と入力すると「鳩山由紀夫」がサジェストされるし、「きごう」ではたくさんの記号がリスト表示される。ちなみに、「まいくろ」と入力しても「マイクロソフト」はサジェストされないが、「あっぷる」と入力すると「アップルコンピュータ」がサジェストされる。今はアップルだが・・。また、「ばーじょん」と入力するとGoogle日本語入力ヴァージョンのヴァージョンが表示される。キーボード入力が面倒な人は是非インストールしよう。

Google Japan Blogからの引用

Google 日本語入力は桁違いの語彙力を持っています。Web から機械的・自動的に辞書を生成することで、人手ではカバーしきれないような、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録しています。高い変換精度を実現するために、Web 上の大量のデータから統計的言語モデルを構築し、変換エンジンを構成しています。現在の Web のありのままを反映したインプットメソッドと言えます (この辞書および統計的言語モデルの作成は Google の大規模分散処理システム MapReduce を用いて、数千台規模の計算機クラスタを使って行っています)。さらに、強力なサジェスト機能によりこれらの大量の単語を少ないキー数で入力することが出来ます。

Gigazine「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた

Google 日本語入力のダウンロードはここ