Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

ありんす? 「JIN〜仁」

TBS系ドラマ「JIN〜仁」で中谷美紀演ずる吉原遊廓の花魁(おいらん)が言葉の語尾に「○○でありんす」と良く使っている。この「ありんす」とは方言のようなものの一種なんだろうか。ちょっと調べてみた。
するとこれは廓詞(ありんす詞)と言われ、吉原遊廓の花魁が使っていた言葉らしい。ではなぜこのような言い回しをしていたかというと、方言では無く方言隠しだったようだ。

遊女たちは全国から集まって来ていて方言丸出しでは出身地(身元)がバレてしまう。遊女の仕事は、男に幻想を与えることで、とくに太夫、花魁といった高級遊女になるほど、「都会生まれの高貴な女性であってほしい」という幻想がある。「ありんす言葉」を使えば、客は勝手な幻想してくれるので、身分を隠したい遊女にとっても、幻想を抱く客にとっても、「ありんす言葉」は都合がよかったのだそうだ。

また、「花魁」という言葉自体も出身地が知られないようにするための言葉だった。自分のことを「おいら」と言った田舎なまりをモジって「おいらん」というようになったのが花魁の語源だそうだ。