Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

Google Nexus One(ネクサス・ワン)ついに発表

Google Nexus Oneがついに発表された。今週から出荷が開始され、価格はT-Mobileとの2年間契約付きで179ドル、SIMロックフリー版で529ドルとなっている。購入は同社のオンラインストアを通じた直販となっている。日本からは購入出きないと表示されている。

携帯電話向けプラットフォームに「Android 2.1」を採用し、ハードウェアは事前情報通り台湾のHigh Tech Computer(HTC)製。
3.7インチ有機ELWVGA(800×480)タッチスクリーンを装備。4GBのmicroSDカードが付属し、microSDカードスロットを通じて32GBまで拡張できる。加速度センサ、ライトセンサ、近接センサ、電子コンパスを搭載。オートフォーカス機能付き500万画素カメラ、LEDフラッシュを備えるなど、ライバルのiPhoneよりも少しずつだが高いスペックとなっている。
また、サイズは119×59.8×11.5ミリと、鉛筆1本分ぐらいの薄さ。バッテリを含む重量は130グラムと大きさもiPhoneよりやや小さくて軽い。
日本のキャリアからの販売については今のところ未定のようだが、日本での試用レビュー記事がデビューが数日中に出るのは間違いない。
これでほぼiPhoneの独壇場だったスマートフォン市場にライバルが登場したことで、6月だと噂されるiPhoneの次モデルが注目される。ドコモの2年縛りがもうすぐ解除されるが、今のiPhoneがいいか、iPhoneの次モデルを待つか、Nexus Oneの日本でも発売を待つべきか悩むところだ。デジモノファンにとっての関心は、1月27日発表だと噂されているアップルのタブレット端末に既に移っている。明日からCESが始まるんだが・・・。

また、グーグルのスマートフォン販売開始がタッチパネル関連の刺激材料になり、SMK(6798)の株価が急騰、高値引け。