Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

AppleからiPad発表!

今回はいつもにも無く事前情報がリークされていたので、それ程、衝撃的では無かったが、アップルからタブレット型のPCが発表された。価格はWiFIモデルで、499ドル(16GBモデル)、599ドル(32GBモデル)、699ドル(64GBモデル)とネットブック、CULVノート並とお手軽価格だ。画面サイズは9.7インチのマルチタッチ解像度は1024 x 768の4:3。見た目はiPhoneの大きいやつといった感じ。質量は680g。CPUは1GhzのApple ARM A4チップ。802.11nWi-FiBluetooth 2.1 + EDRに対応、30ピンのiPodコネクター、スピーカー、マイク、加速度計、コンパスが内蔵されている。HDMI、DisplayPortなどは非搭載。iPadのOSはiPhone OS。ブラウザはSafari MobileでFlashには対応していない。Flashに対応することで、iTunes経由でのコンテンツやアプリの販売といったアップルのビジネスプラットフォームが崩壊することを抑止するためだろう。また、事前に噂されたようにeBook市場への参入も同時に発表。ただし、米国のみ。

また、iPad用にカスタマイズされたiWorkを発表したことで、キーボード入力が少ないビューが中心のシーンではとても使いやすそうだ。3G搭載モデルも販売されるようで強力なモバイル端末の登場だと言える。キーボードとマウスがPCの入力デバイスとして長期間において君臨していたが、iPadのデビューによってその地位が崩れる可能性も高い。食後にリビングでニュースやブログ、Twitterのチェック、さらにはレシピやショッピングなどの簡単な検索などの行為にはキーボードよりも使いやすそうだ。日本での発売は3月と、日本の新生活シーズンに当たることからiPadによって売上が減少するモノが登場するかもしれない。一日も早く触ってみたいと思っている人は多いはずだ。