Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

金沢市の「香林坊109」に「東急ハンズ トラックマーケット」がオープン

昨日のワールド・ビジネス・サテライト(テレビ東京)でも紹介していたが、市民の強いラブコールの甲斐があってか金沢に東急ハンズがオープン。ところが、東急ハンズでもちょっと違う。東急ハンズの後に「トラックマーケット」という単語がくっついている。

トラックマーケットとは移動式パン屋さんなどの業態を指すが、今回の東急ハンズはその比較的規模の大きなものだといって良い。とはいっても大型のトラックを使った移動店舗というわけではなく、香林坊109というファッションビルの中のテナントして出店したのだ。
では、なぜ「トラックマーケット」と言うかというと、出店期間が3ヶ月間と限定されているからだ。通常お店を出すと内装などの初期投資が必要だ。その減価償却を考えると短期間での出店で採算を取るのは難しい。しかし、「トラックマーケット」の場合は、内装などは最小限にとどめ、什器なども特別なものは用意せず、パレットやダンボールをそのまま使用するなど、工夫を凝らすことで、簡素化を進めている。
雑貨店が好きな人の話を聞くと、「宝探しのようでワクワクする」という人が多いが、キレイに陳列された店舗よりも、倉庫っぽい方が良いのかもしれない。
状況によっては期間延長もありうるとのこと。金沢において中心街への集客が課題とされていることから、何としても成功させたいはずだ。

期間限定 東急ハンズオープン 金沢