Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

iPadをバスの中で使ってみた (市内を電車が走ってないので・・・)

iPadを通勤などの移動中に使ってみたらどんな感じだろう?ということで、立っている状況では危険なので日曜の空いている時間にバスに乗って使ってみた。(金沢市は地下鉄などが走ってないので、バスだが・・・。)ポケットWiFiを持っていないのでネットは繋がらない。
結論から言うと、やっぱり書類や本を読むにはとても良い。なぜそう思うかと言うと次のとおりだ。

■5本指全部で自然にマルチタッチができる。
iPadha画面が大きいので5本指を全部使ってマルチタッチができる。つまり、指先に力を入れずに自然な形でマルチタッチの操作ができる。マウスでは味わえない感覚で、直ぐに慣れる。

■眼ではなく本を動かして文字読むという新しい感覚
普通本を良む時は、眼を動かすが、iPadでは目線を中心に固定した状態で電子書籍そのものの位置を上下左右に動かしたり、ズームイン・アウトすることで、眼ではなく文字を動かして読むという感覚が新しい。

■画面が地面と水平になることで、脳が「読書モード」になる。
ノートパソコンなどのディスプレイは地面と垂直に立っている。基本的には縦のスクロールをすることで、文章やWebページを見るが、Webページを見るのに慣れている人は、マウスでスクロールしながら、目と脳で斜め読みをしてしまう。ところが、画面が地面と水平になると、なぜかスクロールも縦よりも横にしたくなる。脳がiPadの画面を本だと認識しているのかもしれないが、明らかに斜め読みのスピードは低下する。つまり、じっくり文字を読もうという感覚になぜかなってしまう。また、マウスとiPadのスクロール時の動きが異なる点が影響しているかもしれない。iPadの可変スクロールは手を離しても減速しながらしばらくスクロールされる。

以上のことからも、思ったよりiPadは文字を読むのに適しているようだ。もちろん、もっと継続的に検証してみる必要はある。また、GmailTwitterアプリもPCで操作するよりも使い易い。画面のデザインもさることながら、指先でなく5本指でスクロールできるという点が使い易さを高めている。こうなってくると、重くて電池の持ちが悪いノートPCを持ち歩くよりも、iPadを持ち歩く方が絶対に良い。もちろん3G版の方が良いに決まっているが、ホットスポットが増えていることから、都会であればWiFi版でも十分だ。ただし、出張時にホテルでインターネットに接続しようとすると、有線LANを無線LANに変換するコンバーターを持ち歩く必要がある。できるだけ軽量・小型のものが望ましい。

ネットブックを買おうと思っている人は、iPadの方が良い。また、これからPCを買おうと思っている人で、Webやメール、ブログ、Twitterが用途であれば、iPadが絶対オススメ。