Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

今からiPhone4を早く入手するためのポイント

iPhoneの予約開始が始まってから、もたもたしている間に予約が中断されてしまって、予約すら出来ていない人も少なくは無いはず。しかし、ソフトバンクでは24日から密かに予約を再開したようなので、早速予約をしに行ってきた。そこでの話やネットでの情報を総括するとどうやらiPhone4を早く入手するためのポイントがあるようだ。

■予約するなら16GB
iPadも3GB-64GBが最も売れているように、iPhone4でも32GBの方が売れ行き、予約ともに多いようだ。予約開始日のほぼ同じ時間に予約した人で、16GBを予約した人は入手できているが、32GBは未だ手に入れていない人が多いとのこと。今から予約するのであれば16GBの方が早く手にできそうだ。また、25日の8時からアップルストアにて16GBが台数限定で販売されたという情報もあることから、16GBモデルの方が入手しやすいようだ。動画を大量にiPhone内に保存しようとしているのであれば16GBでは少ないかもしれないが、結局、32GBでも足りないということも考えられるので、ここはコンテンツはクラウドと割り切って16GBを選択するという手もある。

■どこで予約しても同じ
一般的には、iPhoneが入荷する度に、地域、店ごとに割り当てがいくと考えられがちだ。その際、予約数量だけで分配されるのでなく、お店の力関係やかこの売上実績など、政治的な要因によって割り当てが増減するというのが通例の商慣習だ。したがって、宝くじと同じように、売上の多いソフトバンクショップに行って予約するのが早く入手するには良いのではと思いがちだが、どうやらどこで予約しても一緒のようだ。iPhone4を予約するとセンターでその予約は一元管理され、iPhone4が入荷すると予約の早い順に1件ずつ割り当てて行くようで、店ごとの割り当てではないようだ。したがって、人気のあるソフトバンクショップで待たされた上で予約するよりも空いているお店で予約した方が良さそうだ。もちろん、オンラインで予約すればもっと簡単だ。ただし、アップルストアは別勘定になっている可能性があるのでアップルストアに行ける人はアップルストアに行った方が良いかも。ただし、この情報はソフトバンクショップのお店の人に聞いた話なので絶対確実というわけではないので要注意。

■白は諦めて黒を予約する
3GSは明らかに白モデルの方がカッコよかった。しかし、iPhone4は黒の実機を観た感じでは、黒でも十分カッコ良い。なので、いつ発売されるかがわからない白を待つよりも黒を予約した方が良いかもしれない。白が遅れているのはどうやや製造上の問題のようで、直ぐには解決しないような気がする。iPhone 4の画面に黄色い帯とドットが出る等の問題が発生していることからも、白の場合はもっと製造が難しいのではなかろうか。そんな白だからこそ入手できれば喜びもひとしおかもしれないが、現時点で予約すらできない白もモデルを待つよりも黒を早く入手した方が得策だと言える。

以上のことから、iPhone4を早く入手するためのポイントは、16GBの黒モデルをアップルストア、もしくはネットから予約することだ。iPad同様にiPhone4を誰よりも早く入手すれば友達に自慢できるだけでなく、飲み屋でモテモテになれる。そんな優越感を味わいたい人は今すぐ行動。