Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

情熱の学校オープンキャンパス!オモロイで!

昨日、北国花火大会を尻目に、エサキヨシノリ氏の情熱の学校オープンキャンパスというセミナーに参加してきた。タイトルは・・・。
「価値ある会社として生き残るためのブランディング入門!魅せる宣伝テクニック!」

「情熱の学校」大阪在住のエサキヨシノリ氏が関西弁で熱く情熱を込めて説明をする様子は、正に学校そのもの。ブランディングといえば、MBAや〇〇コンサルティング会社などのMBA的な説明が浮かぶが、それとは全く異なる切り口で解説するブランディングはとてもわかりやすい。特に「企業の存在意義は利潤の追求である」とする米国的な発送ではなく、「法人と”人”がついてるように、自ら死を選んではならない。つまり、社会の一員として共存共栄しなければならない。その社会活動の一環の対価として利潤が発生する」という欧州的な考え方を、今一度考える必要があると説明。
そのためには、その企業が何のために起業し、社会にどう貢献していきたいかを社長自らが自問自答し、それを言葉で表現する。その言葉をまずは社員全員に伝え、その社員が顧客に伝える。社長のコンセプトと会社の全ての行動が、首尾一貫していることが大切だと語った。
そのためのアプローチとして、ブランドコンセプト作りやブランドアプローチなど、実例を題材に、非常にわかりやすい説明(授業)で、あっという間の4時間だった。小規模な企業であれば、明日にでも実施できそうだが、日本全体を活性化するためには大企業において、どう取り組んでいくかが課題だ。

エサキヨシノリ氏はライブハウスでのライブ(音楽)セミナーも開催しているそうなので、機会があれば参加したいものだ。

下記は演習の様子。

情熱の学校