Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

iPhone企画会議

IDCiPhone Developer Club)主催でiPhone関連ビジネスの企画会議を開催した。ワールドカフェの「カフェのようにリラックスした環境でこそ創造力が発揮できる」という考え方を参考に、会議室ではなく、イタリア料理のお店でアルコールを嗜みながら行うことにした。しかも、東京から2名のゲストが駆けつけてくれた。一人はIT企業の社長さん。もう一人は、今話題の「勝手CMアワード」を主催しているムービーインパクトの社長さん。そして、今回私の勤めている会社から若手が2名参加してくれた。自らが志願して参加しただけに、積極的にメモを取ったり質問をするなど、こんな積極的な若手を外部の人間と交流させることができた点はとても嬉しい限りだ。以上、今回の参加者は総勢15名の賑やかな企画会議となった。

さて、進行は、事前に用意した20数件の企画案を順に説明し、一つずつ感想や意見を出し企画を膨らませていく。中には直ぐにも実現できそうなものもあり、「私がアプリやりまーす」と手を上げる場面も。音楽関連、テレビ関連、エンタープライズ関連、ビジネス関連など様々な分野の発表があり、非常に盛り上がった。当初は2時間の予定だったが気がついたら3時間を過ぎるほどディスカッションは多いに盛り上がった。(お店が暑かったというのもあるが、議論とは関係ないはず・・。)

今回東京から参加してくれたIT企業の社長からは「次回も駆けつけるので隔月での開催を!」との要望も。twitterの普及に伴い、ネット上だけではなく、リアルな世界においても交流会などコミュニティが増加しているようだ。アジアなどの新興国に行くと必ず眼につくのは屋台などで食事をしながら対話をする人たちだ。日本ではお祭りの時を除いてはそいった光景は見かけなくなったが、カフェという新しいスタイルでのコミュニティが増えてきているのは人々が徐々に対話を始めたという良い兆しだ。

ガラパゴスだ、島国だ、鎖国だ・・などと言われて久しい日本だが、対話を通じて「和」の精神を取り戻し、国力が復活することを期待したい。