Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

無縁仏と大器晩成

大津市のお寺にお墓参り。GWに来たときに、墓の所有者(親族)を確認するためにお墓に札が掛けられていたのを見て、「大津市は面積の大半を琵琶湖が占めているるので土地が少なく、当然墓地も少ないから、墓地確保のためなんだろうなぁ?」と感じた。しかし、今日、お墓参りに来てみて、お墓に掛けられた札の数が減ってないのを見ると、哀れみを感じた。
最近ニュースになっている消息不明の100歳以上の高齢者が多い点や、無縁仏の多さから、少子化は先人に対する尊敬の念を軽んているのではと感じた。しかし、年金問題を考えると、少子化対策とはいうものの、将来の年金を負担するであろう子供たちに明るい未来を語れない、あるいは語ったとしても約束できない今の大人たちを考えると、致し方ない事ではないかと思ったりもする。
「僕は大器晩成型」と自らのエッセイで宣言している郷ひろみではないが、このままでは人生を往生し大器晩成出来る人が少なくなってしまわないか心配だ。がむしゃらに今を生きるのも良いが、将来の夢を見据えた上で今を一生懸命生きることが大切だ。

お寺のお庭