Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

近くに見えて遠かった東京スカイツリー

出張の宿泊先のホテルが浅草で、朝カーテンを開けると目の前に東京スカイツリーが見えた。

こりゃ、近くまで行って写真を撮らなくちゃと思って、重いカバンを持って一路スカイツリーへ。
隅田川にかかる吾妻橋から見えるスカイツリーは直ぐ近くにあるように見える。アサヒビールビルの横を抜け、10分くらい歩けば着くだろうと考えながらてくてくと歩く。しかし、いつまでたってもスカイツリーに到着しない。カバンのストラップが肩に食い込んでくるわ、涼しいとはいえ、頭上から降り注ぐ太陽が体を熱し、汗が額をたらーりと流れる。

歩くこと20分以上、ようやくスカイツリーの下に到着。工事現場は東武線の線路の直ぐ横で、思ったより敷地は狭い。スカイツリーの上から物が落ちたら電車に当たりそうな場所だ。東京タワーのように四角錐で下の方が極端に広くなっているわけでなく、どちらかというと円柱に近いので、そんなに高くは感じ無い。言い換えれば圧迫感が少なく、東京タワーより高いと余り感じない。現時点での高さは448m。643mまで後200m。完成が待ち遠しい。