読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

本が与える影響 - 11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業 -

1月28日の田口智隆氏の講演会で購入した本と一緒に「11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業」をリビングに置いておいたら、高校生の息子が学校の読書の時間に読む本を探す時間が無くて、たまたま手にし学校に持っていったみたい。
夜自宅に帰るなり、「キャッシュフロー」とか「REIT」、「FX」などといった金融用語について私に質問を投げかけてきた。「急にどうした?」と尋ねると、「11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業」という本に感銘し「マネーに」目覚めたとのこと。
「日本ではお金儲けは悪いというイメージがついているようだけど、それは間違っているんだと確信した。」「国の借金が膨らむ中、日本の国民はお金についてもっと勉強すべきだ。僕が啓蒙する!」
といって日経新聞を真剣に読み始めたではないか!
さらには、田口智隆氏が影響を受けた本「金持ち父さん貧乏父さん」も読み始める始末。
子供のスイッチって、親が意図しないとき限って入るもんなんだよなぁ。まぁこれも続けば良いけど。息子の質問に応えられるように親も勉強しなくちゃね。
ちなみに、息子は理系だったりする。