読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

Try Try Again !! 映画「TAKAMINE」の完成試写会に行ってきた

サムライ科学者である高峰譲吉の映画「TAKAMINE」の完成試写会に行ってきた。

高峰譲吉とは、加賀藩の御典医であった家柄に生まれ、消化酵素タカヂアスターゼの発見、止血剤で有名なアドレナリンの結晶化などノーベル賞級の偉業を果たした化学者。初代の三共(現、第一三共)の社長。化学者としてだけではなく、ベンチャー企業の社長として、また日米の無冠の外交官としても活躍した。

昨年上映された映画「さくら、さくら」では、高峰譲吉の化学者としてのサクセスストーリーを綴った物語だったが、今回の映画「TAKAMINE」では、日米親善に心血を注ぐ高峰譲吉の姿を映し出している。

サブタイトルは「アメリカに桜を咲かせた男」。日本の平和の象徴でもある「桜」を通じて日米親善を押し進めようとする高峰譲吉の熱意が映像から伝わってくる。

出演者は、高峰博士役の長谷川初範さん、渡辺裕之さん、篠田三郎さん、そして金沢出身の田中美里さんなど。また、高峰クラブの会長で脳トレカフェの発案者であるDr.山嶋も農化学者役で出演。監督は前作同様に市川徹監督。また、主題歌は白石貴子さんのSAKURA SAKURA 幸せの架け橋「The Peace on Earth」と前作に比べて大幅にグレードアップ。

日本の象徴である「桜」をワシントンで咲かせ、日米間に平和の架け橋をしようしたが一度は失敗。しかし、「Try Try Again !!」。あきらめずに再チャレンジしようとしている高峰譲吉の姿勢が、東北・関東大震災被災地へのメッセージに写る。さらに、白石貴子さんの主題歌「SAKURA SAKURA」は「寒くてつらい日々も、春になればきっと和らぐ」とエールを送っているようだ。

今回の映画が、日本人の心に宿る和や美徳を再確認することで、日本を再起動するためのきっかけになればと思う。一作目を観た人はもちろんのこと、観てない人にもオススメの映画だ。

「TAKAMINE」公式サイト