Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

「魚釣り」のち「イルカウオッチング」?

今日は能登の七尾湾でドクターのクルーザーに乗って海釣り。朝の気温は0度と冬のような寒さ。暖かい服装をしていったんだけど、沖に出るとかなり寒い。魚群探知機で漁場を検知したら割と簡単に釣れるんだけど、今年の冬は寒くて長かったせいか、なかなか釣れない。釣れたのはトラギス一匹だけ^^;

そうこうしていると、イルカを発見。いつもだったら湾内に居るはずのイルカが湾の外の沖に出てきているところを見ると、餌になる小魚がいないのかも。しかも、あっちでもこっちでもイルカに遭遇。いったい何頭いるんだろう?


魚は釣れないけど、イルカが見れたから良いか。

今日のイルカの発見場所。
大きな地図で見る

いつもイルカがいる場所はここ(のとじまこうだ イルカウォッチング)
より大きな地図で のとじまこうだ イルカウォッチング を表示

気づいたら海上に9時間以上もいて、すっかり体が冷え切ったので、帰ろうかと思ったら小アジが4匹一度にかかった。これで5匹にはなったものの、海釣りにはまだちょっと早かったようだね。もう少し暖かくなってからまたチャレンジ。