Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ

JP Pressの川嶋 諭氏の「若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ」という久記事が面白い。ワクチンに多額の税金は全くのムダでむしろ免疫力を高める事が重要だというのだ。

「ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例は1つもありません」

「自分の力とは免疫力だ。新型インフルエンザは若い人がかかりやすい。これは国民が免疫力をつけるうえで好都合でもある。」

 「若い人は免疫力が高いのです。でも、様々な病気になるのは抗体がないからです。若い人たちがこの際、一気に新型インフルエンザにかかって抗体を作ってくれれば、ワクチンで作った抗体よりもずっと効果がある。しかもこっちはタダですよ」

確かに、既に学級閉鎖が相次いでいる中、今さらワクチンを接種したところで、そのころには免疫ができてしまっているかも。しかも、寒い冬にかかるよりも秋であれば身体のダメージも少ない。

新型インフルエンザは子供がかかりやすいそうだが、今後発生するであろうさらに新しいインフルエンザに対する免疫力を高めるためにも、今回のインフルエンザにはかかっておく方が良いのかもしれない。

言い方を変えると将来発生するであろう新しい疾病に対する予防が今回のインフルエンザの流行だと思えば良いかも。

「人間はウイルスを取り入れるためにキスをする」

「ウイルスに立ち向かうリンパ球が多い若い時こそ、様々なウイルスを受け入れて体内に抗体を作るチャンスなのです」

人間はなぜキスをするのかというと、その理由の1つが細菌やウイルスの交換だそうだ。それによって抗体を作っていく。

なるほど〜。