読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Connecting The Dots

日頃の気付きを綴っていきます

客単価を上げる工夫 - ヤマダ電機編 -

仲間からパソコンを買いたいと相談を受けていて、色々と調べた結果、価格コムのランキングの上位にも入っている、下記のいずれかをネットショップで購入することになっていた。しかし、自宅にインターネット回線が無いそうなので、レッスンの前にマックで私のPCをモバイルでネットに接続しネットショップで買う約束をしていた。

PCの候補に次の2機種

■Lenovo G560シリーズ 15.6インチワイド液晶 ノートブック 0679-2UJ
液晶サイズ:15.6インチ CPU:Core i5 430M/2.26GHz(512KB) メモリ容量:4GB HDD容量:320GB OS:Windows 7 Home Premium \70,000前後
■エイサー ノートパソコン acer Aspire 5741 AS5741-H54D/S
液晶サイズ:15.6インチ CPU:Core i5 430M/2.26GHz(512KB) メモリ容量:4GB HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium

いずれもCPUがCore i5なので申し分ないスペックだ。

また、プロバイダの契約が必要なので、価格コムで電話番号を入力して格安プロバイダーを調べた結果、石川県かほく市には「フレッツ光」が未開通の上に、「Yahoo!BBADSL」もどうもNGっぽい。選択肢としては「フレッツADSL」か「かほくCATV」のいずれかになる。

ということで、待ち合わせの前に、マウスを買いにヤマダ電機に行くことに。選定項目は優先順位の高い順に、「レーザー」、「中型」、「軽い」、「安い」「BlueTooth」。色々見た結果、BlueToothで良さそうなのがあったんだけど、何かしっくり来ない感じがしたので、格安の880円のレーザーマウスにした。そのついでにパソコン売り場を覗いてみると、NECCore i5 にブルーレイが付いたモデルが10万円以下で大幅値引きをしていた。プロバイダを同時に申込むと約78,000になると言う。ただし、色はピンクのみ。

■PCーLL750WG6P LaVie L
液晶サイズ:16インチ CPU:Core i5 430M/2.26GHz(512KB) メモリ容量:4GB HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium

「これは安い!」ということで、友人に説明。ピンクという色を嫌がっていたが、結局NECを買いに一緒にヤマダ電機に。一応、富士通ソニーレノボの同等のモデルを比較した結果、明らかにNECが安いので、NECを買うことに。プロバイダを同時に申し込みと値引きされることから、電話番号を伝えて開通状況を調べてもらった。

ヤマダ電機の店員からソフトバンクの店員さんに上手くリレー
その結果、Yahoo!BB ADSLはエリア内に入っているものの、回線というかワイヤーが空いてないそうだ。キャンセル待ちになるので、現時点では値引きはできないとのこと。代わりにフレッツADSL+OCNでどうかという話になった。
ここからはNTT西日本のお姉さんにリレー
フレッツADSL+OCN、値引きは約1万円。月々の料金は約4,500円。これしか選択肢はないから申込むしかないなぁと思っていたのだが、ここで問題発生。NTT収容局から5km以上離れていることからスピードがでない可能性があるとのこと。約4,500円払ってスピード出無いんじゃなぁ・・・。

NTT収容局とADSL速度の関係について 

「モバイルはどうなの?」と質問したら、イー・モバイルはもちろんNGでソフトバンクもダメそう。FOMAならエリア内なのでOKとのこと。
ここからドコモの店員さんにリレー

ドコモのデータ通信なら、パソコン本体3万円引きで、データ通信の端末は無料。月々の料金は上限や約6,500円。金沢市内ならこんなに苦労しなくても選択肢はたくさんあるのに・・・、と思いつつも結局ドコモにすることに。ドコモであれば回線工事も不要なので、今日から使える。

ということで、契約をしにドコモのカウンターに移動。ところが、ドコモのお兄さんが別のお客さんの接客中なので、インストールサービスの説明を先に受けることに。

日本語の上手な中国人のお兄さんにリレー
パソコンについての説明を受けた。まとめると、「インストールは大変だから代行してあげる。ただし、有料だよ。」話をしている内容は彼以上に理解しているのだが、素人のフリをしながら最後まで聞いた。値段は、ウイルス対策ソフトの3年分利用料を含めて46,000円!高い!PC本体が7万円弱なのに、インストールが5万円弱とは。でも、インストールやバックアップディスクの作成に丸一日かかると脅されたら、パソコンに詳しくない人だったら。「はい、お願いします」と言ってしまうんだろうな。ということで、「自分でするから要らない」ときっぱり断った。

ドコモのお兄さんにリレー
料金など契約の説明を受けた後に、契約。ここまで来たら、私が横についていなくても無駄なものを買わされずにゴールまで行けそうなので、私はジムに向かった。先程の中国人のお兄さんがインストールが難しいと脅したため心配そうな顔をしていたので、「大丈夫、今日私が預かってインストールしてあげるから」と言い残してその場を立ち去った。

約40分後に彼女がジムに到着。「結局、7万円強で安く買うことができた。後、インストールお願いしますね」とのことだったので、レッスン終了後にパソコンを預かることに。
早速、家に帰って、一応マニュアルに目を通してインストール開始。何て事は無い、約一時間で基本的なインストールは完了。我が家の無線LANに接続して、OSやソフトのアップデートと便利なフリーのユーティリティをインストール。また、昔みたいに不要なソフトがてんこ盛りにインストールされているわけではないので、アンインストール作業も不要。次にFOMAの接続。どうやら端末にFlashメモリーが内蔵されていて、端末をUSBに挿すだけでインストールが完了してしまった。どんなソフトが入っているのかなぁと一通りチェックをして終了。

プロバイダーがモペラになるのでモペラのメールを使っても良いけど、プロバイダーを変えた際に面倒なので、Windows Live Hotmailを使うことにした。これもアカウントをと取得すれば、自動で同期化してくれるので、超簡単。

ということで、遊んだ時間を含めて4時間でインストール完了。Core i5は速くて良いね。画面も大きいし初心者にはもってこいだと思う。ただし、タッチパットの場所が左寄で手を触れてしまう位置にあるのが気になった。その他にはもう少し解像度が高い方がいいかもね。

話がパソコンの購入からインストールが中心になってしまったが、今日一番関心をしたのが、ヤマダ電機のスムーズな横連携だ。パソコン売り場の店員さんから、固定回線のキャリアから無線キャリアの人まで、シームレスな連携が取れていたのには驚いた。また、各々のキャリアの人は他社のキャリアの情報を理解していて、お客さんに適したサービスを紹介するという姿勢が感じられた。また、お客に取って最大の課題であるインストール作業も代行し、お客さんの目的達成のための近道を提供している。ただし、インストー^る料金はちょっと割高だが・・・。
様々なモノやサービスがスムーズに店内で連携することで顧客の満足度を高めるとともに、客単価をアップさせるという上手い仕組みが構築されている点が、ヤマダ電機の強みの一つなのだ。